ネットで副業をするための知識とメリット

会社で働いている人も、ネットで副業を考えたことがあると思います。ネットは便利なツールですので、少しだけお小遣いを稼ぎたいと考えている人や、投資などでさらに金銭を増やしたいと考えている人、様々です。ネットで稼ぐにはメリットとデメリットがありますので、まず始める前に知識を頭に入れておきましょう。少額でも軽い気持ちで始めてしまうと、後々悩んでしまうことになります。悩まないためにはまず、事前に確認をしておくことが必要です。では具体的にどのような確認かというと、第一に会社で副業をしていいかいけないか、どのような取り決めがあるのかということです。ここで深刻に悩まれる方も多いので、少しでも引っかかるようでしたらやらないほうがいいでしょう。また、副業をしてはいけない会社の従業員であるのに始めてしまうと、ネットで検索をして情報がヒットしてしまった、あるいは年末調整で納める住民税が高くなり、会社から指摘を受けてしまうということもあり得ますので、十分に注意を払ったほうがいいと考えられます。しかし、副業は稼ぎすぎてしまった場合や年間20万以上の金銭を得て確定申告が必要になった場合が会社で働く人にはデメリットになってきます。また、20万以下でも仮にどこかの企業から依頼された仕事を受注し給与として金銭を得た場合は、確定申告が必要になってきます。ですので、本業の勤務先に知られることになってしまいます。20万以下なら大丈夫と思っていると落とし穴にはまることになってしまいますので、これも気を付けたほうがいいでしょう。数百円や数千円程度だったらほぼ問題はありませんが、それでも確定申告が必要ないことと本業の勤務先に知られることとは全くの別問題になります。本業の会社からしてみれば20万以下ならいい、という理屈は通りませんので、そこはしっかり考えるようにしましょう。

副業を禁止していない会社もたくさんありますが、禁止しているところも多いのが現状で、一番大きなデメリットは、本業の会社に知られてしまうということが挙げられます。副業を禁止している会社からしてみると、余計なことはせずに本業に最大限の力を出してほしい、そのため毎月生活の保障をしているという見方が挙げられます。あるいは、社員の社外でのトラブルは起こさないでほしいといったことも考えられます。しかし、副業を考えている人は、やはり将来の不安であったり今の生活が苦しいといったなにかしらの理由があると考えられます。事前に知識を入れてから始める場合、まずネットで個人情報がヒットしないようにうまくやっていきましょう。ネットでの稼ぎかたも様々にありますが、そのメリットの第一条件としては、自分のペースでできることと、人間関係が最小限に抑えられることです。また、投資やアフィリエイトなど、コツを見つけてもしある程度自分で稼げるようになったら、会社に頼らない生き方を見つけられるといった点もメリットになります。現在は状況が多様化していますので、ひとつの会社で働き続けても将来的なリスクの懸念や不安というのはどこかにあります。いつも健康でいられるとは限りませんし、倒産やリストラなどのリスクもあります。しかし、収入源が複数あれば精神的にも余裕ができますし、仮になにかあったときにのための生命線にもなり得ます。人生を自由に、楽しく生きるために副業をして別の道を見つけていくのもいいでしょう。また別の仕事を持つことでストレス発散になる場合もあります。基本的には副収入を得るということ自体は悪いことではありませんので、確定申告などに注意しつつ生き方を模索していくのも大事なことだと考えられます。一番のメリットは収入が増えるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です