ネットの副業にはメリットがたくさんあります

ネットの副業には様々なものがあります。代表的なものに、アフィリエイトがあります。これは、ブログなどを書き、商品の宣伝をすることで、収入を得るというものです。しかし、このアフィリエイトはとても難しいものです。例えばアマゾンのアフィリエイトプログラムでは、ブログなどを経由して本が購入された場合、3パーセントがブログを書いた人に支払われます。しかし、本の値段は大抵500円程度で、報酬は10円などにしかなりません。また、ブログなどを経由して商品を購入してくれる人も非常に極わずかです。アフィリエイトはとても難しい副業であると言わざるをえません。しかし、それでもアフィリエイトにはメリットもあります。それは、キチンとした文章が書け、本当に、ページ閲覧者のためになる情報を載せることができたならば、放っておいても、お金が入ってくるということです。アフィリエイトで稼ぐにはファンを増やすのは一番だと言われています。信頼に足る情報だということを周知させ、多くのファンを獲得できれば、アフィリエイトは簡単にお金を稼ぐことができます。しかし、アフィリエイトはにはデメリットもあります。それは、常に、ページを更新し、新しい情報を提供し続けなければならないという点です。これは非常に難しいことです。基本的にアフィリエイトを行う人は副業感覚でアフィリエイトを行っているので、作業をする時間をあまり取れません。ですので、記事を更新するということはとても難しい作業なのです。ですので、最近では記事代行サービスというものもできています。これはネット上で、記事を本人に変わり書いてくれるというものです。値段は500文字の記事を30件書いてもらい、約1万円ほどです。記事を書くという特技がある人以外はこうしたサービスを利用するのも良いかもしれません。

ネットの副業で、いま一番必要とされているのが、記事の代行サービスです。これは、記事を書くことで、お金をもらえるというものです。金額は微々たるもので、600文字の記事を書いた場合、もらえる金額は150円程度です。しかし、チリも積もれば山となります。たくさんの記事を書くことで、月収10万円を超える収入を得ている人もいます。もちろん、月収10万円を超えるような人は記事を書くことが特技の一つです。普通の人は、記事を書いても2万円から3万円程度に落ち着いてきます。

記事を書く仕事の中でも、今一番注目されているのが、シノビライディングというサイトです。このサイトは面倒な記事の送付ということをやらずに済みます。サイトの中で、投稿フォームというものがあり、そこから投稿すればよいだけです。しかし、投稿したからと言って、全て採用されるわけではありません。投稿した記事の何件かは不採用になる場合もあります。しかし、このサイトの最大のメリットは、数多くの案件があるという点です。自分の書ける記事を選んで書けるという点が今までのライター業務にはなかった点です。しかし、デメリットもあります。それは若干記事を書いた際の報酬が安いという点です。しかし、これもネット上で全てできるという点を考えれば、とるに足らないデメリットであると言えます。

他にもネット上での副業はあります。それはアンケートに答える、いわゆるタスク作業と言われるものです。これは、アンケートに答えて、ポイントを稼ぎ、そのポイントを現金に交換するというものです。様々な企業がこうしたサービスを行っていますが、げん玉などが有名どころです。こうしたアンケートに答えるという作業は非常に単価の安いものですが、数をこなすことで、月に一万円程度にはなります。タバコ代を稼ぐにもちょうどよいサイトであると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です