ネットで副業をするための知識とメリット

会社で働いている人も、ネットで副業を考えたことがあると思います。ネットは便利なツールですので、少しだけお小遣いを稼ぎたいと考えている人や、投資などでさらに金銭を増やしたいと考えている人、様々です。ネットで稼ぐにはメリットとデメリットがありますので、まず始める前に知識を頭に入れておきましょう。少額でも軽い気持ちで始めてしまうと、後々悩んでしまうことになります。悩まないためにはまず、事前に確認をしておくことが必要です。では具体的にどのような確認かというと、第一に会社で副業をしていいかいけないか、どのような取り決めがあるのかということです。ここで深刻に悩まれる方も多いので、少しでも引っかかるようでしたらやらないほうがいいでしょう。また、副業をしてはいけない会社の従業員であるのに始めてしまうと、ネットで検索をして情報がヒットしてしまった、あるいは年末調整で納める住民税が高くなり、会社から指摘を受けてしまうということもあり得ますので、十分に注意を払ったほうがいいと考えられます。しかし、副業は稼ぎすぎてしまった場合や年間20万以上の金銭を得て確定申告が必要になった場合が会社で働く人にはデメリットになってきます。また、20万以下でも仮にどこかの企業から依頼された仕事を受注し給与として金銭を得た場合は、確定申告が必要になってきます。ですので、本業の勤務先に知られることになってしまいます。20万以下なら大丈夫と思っていると落とし穴にはまることになってしまいますので、これも気を付けたほうがいいでしょう。数百円や数千円程度だったらほぼ問題はありませんが、それでも確定申告が必要ないことと本業の勤務先に知られることとは全くの別問題になります。本業の会社からしてみれば20万以下ならいい、という理屈は通りませんので、そこはしっかり考えるようにしましょう。

副業を禁止していない会社もたくさんありますが、禁止しているところも多いのが現状で、一番大きなデメリットは、本業の会社に知られてしまうということが挙げられます。副業を禁止している会社からしてみると、余計なことはせずに本業に最大限の力を出してほしい、そのため毎月生活の保障をしているという見方が挙げられます。あるいは、社員の社外でのトラブルは起こさないでほしいといったことも考えられます。しかし、副業を考えている人は、やはり将来の不安であったり今の生活が苦しいといったなにかしらの理由があると考えられます。事前に知識を入れてから始める場合、まずネットで個人情報がヒットしないようにうまくやっていきましょう。ネットでの稼ぎかたも様々にありますが、そのメリットの第一条件としては、自分のペースでできることと、人間関係が最小限に抑えられることです。また、投資やアフィリエイトなど、コツを見つけてもしある程度自分で稼げるようになったら、会社に頼らない生き方を見つけられるといった点もメリットになります。現在は状況が多様化していますので、ひとつの会社で働き続けても将来的なリスクの懸念や不安というのはどこかにあります。いつも健康でいられるとは限りませんし、倒産やリストラなどのリスクもあります。しかし、収入源が複数あれば精神的にも余裕ができますし、仮になにかあったときにのための生命線にもなり得ます。人生を自由に、楽しく生きるために副業をして別の道を見つけていくのもいいでしょう。また別の仕事を持つことでストレス発散になる場合もあります。基本的には副収入を得るということ自体は悪いことではありませんので、確定申告などに注意しつつ生き方を模索していくのも大事なことだと考えられます。一番のメリットは収入が増えるということです。

ネットの副業にはメリットがたくさんあります

ネットの副業には様々なものがあります。代表的なものに、アフィリエイトがあります。これは、ブログなどを書き、商品の宣伝をすることで、収入を得るというものです。しかし、このアフィリエイトはとても難しいものです。例えばアマゾンのアフィリエイトプログラムでは、ブログなどを経由して本が購入された場合、3パーセントがブログを書いた人に支払われます。しかし、本の値段は大抵500円程度で、報酬は10円などにしかなりません。また、ブログなどを経由して商品を購入してくれる人も非常に極わずかです。アフィリエイトはとても難しい副業であると言わざるをえません。しかし、それでもアフィリエイトにはメリットもあります。それは、キチンとした文章が書け、本当に、ページ閲覧者のためになる情報を載せることができたならば、放っておいても、お金が入ってくるということです。アフィリエイトで稼ぐにはファンを増やすのは一番だと言われています。信頼に足る情報だということを周知させ、多くのファンを獲得できれば、アフィリエイトは簡単にお金を稼ぐことができます。しかし、アフィリエイトはにはデメリットもあります。それは、常に、ページを更新し、新しい情報を提供し続けなければならないという点です。これは非常に難しいことです。基本的にアフィリエイトを行う人は副業感覚でアフィリエイトを行っているので、作業をする時間をあまり取れません。ですので、記事を更新するということはとても難しい作業なのです。ですので、最近では記事代行サービスというものもできています。これはネット上で、記事を本人に変わり書いてくれるというものです。値段は500文字の記事を30件書いてもらい、約1万円ほどです。記事を書くという特技がある人以外はこうしたサービスを利用するのも良いかもしれません。

ネットの副業で、いま一番必要とされているのが、記事の代行サービスです。これは、記事を書くことで、お金をもらえるというものです。金額は微々たるもので、600文字の記事を書いた場合、もらえる金額は150円程度です。しかし、チリも積もれば山となります。たくさんの記事を書くことで、月収10万円を超える収入を得ている人もいます。もちろん、月収10万円を超えるような人は記事を書くことが特技の一つです。普通の人は、記事を書いても2万円から3万円程度に落ち着いてきます。

記事を書く仕事の中でも、今一番注目されているのが、シノビライディングというサイトです。このサイトは面倒な記事の送付ということをやらずに済みます。サイトの中で、投稿フォームというものがあり、そこから投稿すればよいだけです。しかし、投稿したからと言って、全て採用されるわけではありません。投稿した記事の何件かは不採用になる場合もあります。しかし、このサイトの最大のメリットは、数多くの案件があるという点です。自分の書ける記事を選んで書けるという点が今までのライター業務にはなかった点です。しかし、デメリットもあります。それは若干記事を書いた際の報酬が安いという点です。しかし、これもネット上で全てできるという点を考えれば、とるに足らないデメリットであると言えます。

他にもネット上での副業はあります。それはアンケートに答える、いわゆるタスク作業と言われるものです。これは、アンケートに答えて、ポイントを稼ぎ、そのポイントを現金に交換するというものです。様々な企業がこうしたサービスを行っていますが、げん玉などが有名どころです。こうしたアンケートに答えるという作業は非常に単価の安いものですが、数をこなすことで、月に一万円程度にはなります。タバコ代を稼ぐにもちょうどよいサイトであると言えます。

ネットでの副業のメリットには何があるか

ネットでの副業のメリットにはいろいろな観点があるでしょう。もちろんお金というのは当たり前ですが最大のものでしょう。広い意味ではお金の話に含まれることではありますが、リスク回避という面から見てみるというのも一つの考え方です。
これは、一言でいうと、今の時代、会社員なら会社の給料、自営業ならその利益だけで十分ですか、いつまでもそれだけに頼っているのは、立派なようにみえて実はリスクなのではありませんか。リスクなのであれば、それを回避することを考えてみませんか、ということになります。
かつて、経済が右肩上がりで、会社も終身雇用が当たり前だった時代は、会社員でも自営業者でも自分の本来業務だけに専念していればリスクらしいリスクなどありませんでした。誰でもそれなりに頑張っていさえすれば出世もでき、給料もあがりました。顧客は自然と増え、売上げも利益も上がっていきました。そんな時代であれば本来業務にうつつを抜かして副業を始めるなどというのは間違いなくリスクであったでしょう。
ところが今はどうでしょうか。終身雇用はとうの昔に崩れ去り、頑張っていてもリストラが当たり前のようにやってきます。それどころか倒産や買収などで会社ごと跡形も無くなってしまうことも珍しくありません。経済は右肩上がりどころか失われた10年、いや20年とさえ言われています。こういう時代には、いまやっている仕事だけしかないということはリスクであると認識すべきです。
今の仕事をいくら頑張っていても報われることの保証など何一つない時代だからです。たとえ金額的には少なくても、ネット副業があるというのはリスク回避の手段を持っているという意味で非常に大きいのです。いわば保険に入っているようなものです。
ただし、もちろんデメリットもあります。それを次に説明しましょう。

リスク回避という観点で物を考えて、ネット副業のメリットではなくデメリットとは何でしょうか。いろいろな考え方があるでしょうが、一般論ではなく個別の事例で物を見るべきでしょう。何が言いたいのかというと、要はリスクの回避になっているように見えて、実際にはなっていない副業がそれこそごまんとあるということです。
ネットビジネスは本当に玉石混交です。それなりにしっかりしたものも多い一方、それこそ箸にも棒にもかからないものもあるのです。例えばあなたが本来業務で月200時間働き、30万円を稼いでいるとしましょう。ここで副業を始めます。毎日2時間をかけ、それでも月5000円にしかならないような仕事はいくらでもあるのです。これをリスクの回避だなどというのはそれこそ噴飯ものだと気づいてください。月200時間働いているということは週休2日制だとして毎日10時間は働いているはずです。ここに、毎日2時間を仕事で上乗せするのは決して楽ではないはずです。肉体的にも精神的にも疲労がくるでしょう。健康を損ねる可能性もあります。一体あなたは何をリスクと思い、何を回避したいのでしょうか、ということです。こんな副業をするよりはネットの動画でも見て思い切り笑うとか、友人と飲みに言って人脈を広げるとか、あるいは単にぐっすりと寝て健康的な生活をするほうがよほどリスク回避になるということに早く気づくべきです。
別の視点からみると、この人は本来業務の時給は1500円です。一方、サイドビジネスのほうは月60時間で5000円ですから、時給100円以下です。これではいざというときの保険にも何にもならないでしょう。万一本来の職を失ったとしても、アルバイトでも何でもするほうがはるかにましというものです。このようなことには陥らないようにしたいものです。

ネットでの副業のメリットと達成感

会社員の場合、所属する会社の給料体系や職種によっては、がんばっても給料がなかなか昇給しないこともあります。昇給以外の収入アップの方法としては、副業があります。この副業にもメリットとデメリットがあります。まず、メリットとしては副業である程度収入を稼ぐことができれば、本業の収入が下がった場合や失業した場合に生活費の確保がしやすい点です。また、副収入があれば貯金をすることができるので、病気などで人生での不意の出費にも対応できます。デメリットとしては、副業を禁止している職種に従事している場合は、会社にその事実が発覚することで減給処分などの不利益を被る可能性がある点です。また、本業以外に仕事をすることで体力的に疲労が蓄積され、本業にも支障をきたす可能性があります。会社員の副収入を得るのにおすすめなのが、ネットを利用した投資やアフィリエイトです。株などの投資というと大金が必要というイメージがありますが、実際には少額から投資を行うことができます。また、ネットで株の売り買いが簡単に行えるため、平日の夜や休日の空いた時間で行うことができ、本業に負担をかけずに副収入を稼ぐことが可能です。文章を書くのが得意であれば、ブログを書いて、そのブログに関連しアフィリエイトと呼ばれる広告を貼ることで収入を稼ぐことができます。自分の得意なものでお小遣いを稼ぐことができるため、達成感も得ることができるのもメリットです。女性に人気のあるブログとしては、化粧品やダイエット関連の美容に関する記事や映画や小説などの批評ブログがアクセスを集めやすいです。男性の場合は、本業の業界や職種に関連した体験談などを書くことが多いです。収入額は個人差があり、月に数千円程度から本業の収入を上回るような金額を稼ぐ人もいます。ブログの中には、このようなネットを使った副収入の稼ぎ方についての方法を書いた記事もあるので、それを参考にするのもおすすめです。

ネットでの副業は、会社員だけでなく普段は家事と育児に専念している主婦にも人気があります。主婦の場合は、副収入を稼いで家計の足しにする目的の人もいますが、ネットでの副業を通じて社会とつながりをもちたいという気持ちから始める人も多いです。主婦のネットを利用した副業の最大のメリットは、家事や子育てと両立しやすい点です。パートや派遣などの外で働く場合は、どうしても子どもを預ける先を確保しなければいけません。都会によっては、なかなか保育園の空きが見つからず、仕事復帰を諦める女性も多いです。また、お小遣い程度の収入であれば、保育園代で相殺されしまう可能性もあります。母親自身が、子どもが小さい間はなるべく自分の手で育てたいと考える人にとってもネットを活用した副業はおすすめです。ネットであれば、自宅で行うことができます。そのため、子どもが昼寝をしているときや、家事の合間の時間を有効活用できます。主婦に人気がある副収入の方法としては、ビーズアクセサリーやパッチワークなどの自分が作った手芸作品をサイトを介して売買するものや同じ子育てで悩んでいる主婦の悩みをカウンセラーのようにメールで聴いて、アドバイスするなどの仕事があります。これらは、自分の趣味で培ったスキルや子育ての経験を活かすことができるため、副収入を得る以上の達成感をもつことができるのがメリットです。しかし、デメリットとしては時間などではっきり一定の金額が支給されるパートや派遣とは違い、出来高制であるためなかなか安定した収入を得ることが難しいのが現状です。ブログのアフィリエイトもアクセス数が集まらなければ、収入にはなかなか結びつかないことが多いです。そのため、成果が出ないことにやる気を失って、副収入を得ることを諦めてしまうケースもあります。